はざかけ

刈り取った稲を一掴み程度の大きさに束ね、はざに掛けます。
地元では「はってかけ」と言い、乾燥機の無い時代は、これで天日干しをしていました。
今では見られなくなったこの風景ですね。これは小学校の子供達が「学校田」で育てた稲をはざかけしている風景です。

閉じる

Copyright c JA UONUMA MINAMI.. All Rights Reserved.