トピックス

平成22年12月29日

各位

魚沼みなみ農業協同組合

不祥事の発生とお詫び

 この度、誠に遺憾ながら、当JAにおいて下記の不祥事が発生いたしました。
 当JAでは、コンプライアンス遵守を経営目標に掲げ、内部統制システムの整備や全役職員によるコンプライアンス研修を行うなど、不祥事発生防止に努めて参りましたが、このような事件を発生させ、皆様方には多大なご迷惑とご心配をおかけすることとなり、衷心より深くお詫び申し上げます。
 事件の概要と経過及び当JAの対応につきまして、下記の通りお知らせいたします。



1.不祥事の概要
 農業機械課職員(30歳代 男)が、修理の過程で発生する鉄屑や、回収した使用不能となった農機具を業者に売却し、その代金を着服したものです。
 不正行為は今年11月までの約3年間で、被害総額は978千円となっています。
 今回の事件は、簿外品である廃棄物の鉄屑を修理工場から片づけるという名目で業者に持ち込み、その売却代金を入金処理せず着服するという手口を重ねていたものです。

2.当JAの対応
 本日、組合員の皆様をはじめ、報道機関にも事実関係を公表いたしました。
 当事者については、12月28日付けで懲戒解雇処分としました。
 当JAでは、このような事態を招いたことを厳粛に受け止め、役職員一同深く反省するとともに不祥事の発生原因に基づき、内部管理態勢の一層の強化を図り、信頼回復に向けコンプライアンス態勢整備に取り組んで参ります。


【本件に関するお問い合わせ窓口】
魚沼みなみ農業協同組合 対策本部長 専務理事 電話(代)025-772-3111


このページの先頭へ