トピックス

女性大学「みなみ」第2期
第2回「花と香りに癒やされる~フラワーアレンジメント~」



 6月12日(水)フラワーアレンジメントを通して特産品「南魚沼産ユリ」を学び、とても贅沢な講座となりました!講座で使用したユリ(ニンフ)は八色花卉組合からご提供いただきました。

~ブランドユリの栽培現場から~

 講座で使用するユリについて、八色花卉組合・佐々木純子さんから説明してもらいました。高品質なユリを栽培する上で気をつけている事や生産者の思いを直接聞くことができました。

 また、園芸畜産課・上村秀也さんにも八色花卉組合の歴史から販売努力まで、産地としての南魚沼を教えてもらいました。地域にいながらもあまり知る機会がない、ユリの生産・販売についてじっくりと学ぶことができ、受講生はお二人の話を真剣に聞き入っていました。

 


~南魚沼産ユリの品質と評価~

 フラワーアレンジメントは六日町の「あおき花園」さんが指導してくださいました。講師の青木さんからは「南魚沼産ユリは高品質で、市場にでるとなかなか地元の花屋まで届かない。」と市場での評価を教えてもらい、当たり前のように身近にあるユリの価値を知ることができ、受講生からは驚きの声が上がっていました。コシヒカリ同様にブランド品であることを実感したようです。

  また、「品質の良いユリは根元を持っても倒れず、一番上の花まで開花する。」と良いユリの見分け方も教えてもらいました。

~花を身近に楽しむ方法~

 「ユリは扱いが難しいと思われがちだが、そんなことはない。アレンジメントを難しく思わず、ポイントを押さえれば楽しめる。」とアドバイスをもらい、講師がポイントを説明しながら見本を作成しました。その後、受講生も指導を受けながらアレンジを楽しんでいました。

 「花は1~2種類でも、反対色同士を組合わせたり、同系色でまとめるとアレンジが簡単にできる」と日常でも気軽にできるフラワーアレンジを教えてもらいました。


次回の女性大学は・・・

【課外授業】
7月7日
『食の学習会』
~子どもが作るお弁当の日~


【第3回講座】
7月17日
『輝く瞬(とき)の切りとり』
~デジタルカメラ操作~

 


このページの先頭へ