トピックス

第2期JA女性大学「みなみ」
第7回「私ならどうする?!~自動車事故の対処法~」



 11月13日(水)今回は「事故が起きたら・起こしたら・起こさないために」をテーマに、自動車事故の対応方法や事故の損害についての講座です。自動車事故は一歩間違えば自分だけでなく周囲の人々も巻き込んだ大事になりかねません。その時、冷静に対応できるよう受講生は必要なことを数多く学びました。

●事故が起きたら・起こしたら

 今回は共済課・事故処理担当の横山悟さんに講師をお願いし、事故対応だけでなく事故に繋がらない運転方法も教えてもらいました。「事故が起きれば、誰でもパニックになります。事故解決までは感情的にならずに対応することが一番スムーズな解決法」と初期対応の重要性を教えてもらいました。


●本当に「正しい運転」してますか?

 講座の後半は自分が事故を引き起こさない運転ができているか、確認しました。「信号機の意味は?ウィンカーを出すタイミングは?急ブレーキをかけた方が良い場合って?」基本操作を改めて問われた受講生は、はっきりと答える事ができない質問もありました。「年間約700件の事故処理を行っているが、駐車場での事故も多い。駐車場では、まず自分の行動をウィンカーやライトと使って周知に知らせ、相手にも注意してもらうとよい。」と教えてもらいました。


●ハザードマップを作成

 講座の後半は、危険個所を認識するため、ハザードマップを作成しました。事故が多発している箇所に印をつけ可視化しました。身近な所にいくつも危険個所があることを確認し、受講生たちは協力し合いながらマップを作成していました。「信号機がない裏道などは、ショートカットするために想像以上に交通量があり、事故も多い。」受講生は通り慣れた道であっても、安全確認を怠ってはいけないと改めて感じたようでした。


受講生アンケートより

●もし事故にあったら、行うべきこと・やってはいけないことがよくわかりました。

●予備知識で公共物の値段等も知れてよかった。

●教習所で習ったことを再確認できた。運転に心がけます。

●具体例で説明してもらいとてもわかりやすかった。

●追突事故の過失割合の判定に驚きました。

●初めから事故を起こさないように努めたいと思います。


次回の女性大学は・・・

【第8回講座】
12月18日(水)
『知らなきゃソンソン♪』
~マネー講座~

 


このページの先頭へ