トピックス

第2期JA女性大学「みなみ」
第8回「知らなきゃソンソン♪~マネー講座~」



 12月18日(水)今回は【社会人として身に付けておきたい“マネー知識”】について学びました。働く女性や家庭を守る主婦など、異なる環境で生活する受講生達に共通する「知らないと損をするマネー知識」について、それぞれの専門家に教わることができました。滅多にない機会に様々な質問をすることができ、充実した時間となりました。

●変化する社会保障制度

 今回の講師は年金相談会でお世話になっている髙野洋子社会保険労務士です。“社会保障制度”とその中でも特に、年金について学びました。「消えた年金問題を機に個人相談が急増しました。相談をしなければ、知らないままだったという声をよく聞く。」1つでも多くの疑問を解決できるようにと様々な事例を交えながら教えてもらいました。また、「社会保障制度は皆で支え合うことが基本。制度を理解し活用することで、維持でき るもの。」と説明を受けました。


●身近な金融知識と活用方法

 講座の後半は、青木啓子大巻支店長に“身近な金融”をテーマに講師をお願いしました。「貯金については、長く低金利の時代が続いている。キャンペーン金利など“お得”な時期を見逃さず活用してほしい。まとまった資金がない場合でも、数千円単位から定期積立を始めれば活用できる資金が生まれる。」と金融商品の説明だけでなく、活用方法や考え方に対するアドバイスをしてもらいました。受講生からは「お金は口座に入れておく事しか頭になかった。活用することも考えてみたい。」と話して いました。


受講生アンケートより

●将来、子供たちにも話さなくてはいけない事。金融商品も上手に活用していきたい。

●国民年金の付加保険料のお話がとても役に立ちました。検討したいと思います。

●定期貯金や利息について、もっと知りたいと思った。

●何気なく給料明細をもらっていたが、各種の保険・年金についてよくわかった。

●何もわからない状態だったので、知識が増えてよかった。


次回の女性大学は・・・

【第9回講座】
1月22日(水)
『ステキ女子UP講座』
~大人のスキンケア~

 


このページの先頭へ